Androidアプリ開発では、外部jarファイルはlibsフォルダ内に置くこと

Androidの勉強中です。jarファイルの置き場所でハマりました。

APサーバ(Tomcat)上で簡単なアプリ作成したことがあって、その時にも、jarファイルの置き場所、要注意?でした。(コンパイルは通るけど、実行したらClassNotFoundになる)

なので、こんなところで詰まるつもりはなかったんですけど・・・。
では、なんでハマったか!

(1)サンプルアプリに従って、jarファイルを配置していた。動きますよと言われてるんだから、疑ってなかった。
(2)MainActivityクラス内にupdateListViewメソッドがあるんだが、「updateListViewメソッドからMainActivityクラスを参照しようとしたけど、見つけられない」ってエラーが出ていた。自分で自分を見つけられないって、なんじゃそりゃ。素直に、gsonが見つからないって言ってくれれば、ハマらんわい。

が、ハマったおかげで、

JavaのThread作成にはおもに2通りのやり方があったり、
Googleのgsonライブラリを使ってJSON形式のデータをよむときは、データ構造に合わせたClassを用意することで、Javaオブジェクトに変換できるとか、
adb shellというコマンドのあとで、chmod 777  **** と打つと、adnroidエミュレータ上の権限設定できる

ってことなんかが、わかってきた。
なので良しとしよう。そうしないとこの時間が無駄になってしまうので。。


(補足情報1)
Android SDK r17から、外部jarファイルの置き場所がlibsに変わったみたいです。僕が参考にしていたサンプルアプリは、SDK r8を使っていた模様・・・。

(参考) Yet Another Diary: Androidで外部JarがAPKファイルに取り込まれなくなった時の対処法


(補足情報2)
「Unable to open stack trace file ‘/data/anr/traces.txt’: Permission denied」というエラーが出るときは、Androidエミュレータ上のパーミッションを変更する必要があります。(traces.txtの中身は、マニアックすぎてよくわからないので、ぼくはもう二度と中を見ないかもしれません)

(参考) 雑談 Android開発初めのエラー

/data/anr/traces.txtファイルとは – [Androidアプリ/Android] ぺんたん info

Advertisements

One thought on “Androidアプリ開発では、外部jarファイルはlibsフォルダ内に置くこと

  1. Pingback: Androidエラーの傾向と対策 | android manifest configChanges

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s